和菓子

石村萬盛堂の鶴乃子を食べてみた感想&レビュー

ねこちゃん

こんにちは!お土産販売員のねこちゃんです!

ねこちゃんのプロフィール
  • 正社員として福岡のお土産屋さんで働いていました
  • 20年以上福岡で暮らしています

100年以上食べられてきた!「鶴乃子」

ねこちゃん

石村萬盛堂(いしむらまんせいどう)の「鶴乃子」(つるのこ)をご紹介するにゃ!

石村萬盛堂の鶴乃子を食べてみた感想&レビュー

石村萬盛堂の代表菓子と言われるこちらの「鶴乃子」は福岡県民なら一度は耳にしたことがあると思います。

私も小さな頃から、おばあちゃんにもらって食べていた記憶があります!

パッケージの鶴が可愛いですよね(^^)

石村萬盛堂の鶴乃子の切った中

しっと〜りとしたマシュマロの中に、上品な口溶けの黄味あん(きみ)が詰まっています。

黄味あんとは、簡単にいうと白あん卵の黄身を混ぜたものです。

なので普通の白あんよりしつこくなく、マシュマロによく合うあんになってます。

甘いお菓子なので、緑茶やコーヒーと一緒に食べるのがオススメです!

私のオススメの食べ方は、冷蔵庫で1時間くらい冷やして食べる方法です!冷やすとサッパリ食べれて美味しいですよ〜

石村萬盛堂の鶴乃子の注意点

ですが鶴乃子には注意点が2つあって、1つは夏場になるとマシュマロが溶けてベトベトになることです…

ちょっとぐらい暑いところにおいてても溶けませんが、長時間になると溶けてしまう場合があります。

なので心配な方は、保冷バッグに入れて帰るのが良いと思います!

それと鶴乃子をどこかへ送る時は、クール便(冷蔵便)で発送するのをオススメします。(特に夏場!)

2つめは、一度開封して放置するとマシュマロがパサパサになってしまうことです…

なので開封したら早く食べ切ることをオススメします!

ねこちゃん

開けたてが一番ふわふわで美味しいにゃ!

どんな人にオススメ?

  • ふわふわでやわらかく食べやすいので、小さなお子様から、ご年配の方に
  • 歴史あるお菓子なので、お世話になってる上司へのお手土産に!
  • 鶴は「長寿、幸運、夫婦円満」のシンボルとされているので、パッケージに鶴の絵が書いてあるこちらの商品は、お祝いの場での贈り物としてピッタリ!

お値段は?

石村萬盛堂の鶴乃子の箱の中
※画像は5個入りです。
個数値段(税込)
2個入350円
5個入700円
7個入940円
10個入1,350円
20個入2,650円
※値段が異なる場合がございます。2021年時点の情報です。

店舗によっては、お取り扱いのない内容量があるのでお気をつけ下さい。

ちなみに、私が買った5個入りは箱がプラスチックでできているので持って帰るときにつぶれにくいです!

賞味期限は?

石村萬盛堂の鶴乃子の賞味期限

賞味期限は約14日間です。私の働いてるお土産屋さんでは、賞味が14日あることはかなり珍しいです笑

たまたま入荷した日じゃないと、長い賞味のものは手に入らないです…

なのでどーしても長い賞味のものが欲しい!という方は、店舗に電話して「○月○日に買いに行くので、一番新しい鶴乃子をお取り置きしていただける?」とダメもとでお願いしてみるのも手です!

私の働いてるとこだったらできるのですが、店舗によってはお取り置き不可のところがあるのでその時は、ネット通販から購入することをオススメします!

石村萬盛堂公式サイト送料が605円かかります。ですが、8,640円以上買うと送料無料になります。

created by Rinker
¥700 (2024/04/20 12:30:49時点 楽天市場調べ-詳細)

↓こちらのサイトだと送料が550円なのでちょっとお得に買えます。(下の画像をクリックすると、サイトに飛びます。)

どこで売ってる?

石村萬盛堂の直営店福岡空港の土産店、などで販売してます。

具体的には…

直営店
  • 本店
  • 博多駅マイング店
  • 博多駅デイトス店
  • 三越店
  • 福岡空港店    など…

※詳しい住所は、公式サイトに書いてあります。

その他の土産屋
  • 福岡空港内のBLUE SKY
  • 福岡空港内のANA FESTA
  • 菊ひら        など…

豆知識!あのホワイトデーは石村萬盛堂から始まった!

あの3月14日の「ホワイトデー」を発案したのはこの石村萬盛堂の社長さんです!始まりが、石村萬盛堂からなんてビックリですよね〜!

ホワイトデーはどうして出来たのかというと、ある雑誌を読んでいた社長は「男性からバレンタインデーのお返しがないのは不公平。ハンカチやキャンディー、せめてマシュマロでも…」というのを見て、男性から女性へマシュマロをお返しする日を鶴乃子をきっかけに作れないか?と考えたらしいです。

そこから試行錯誤のうえ昭和53年に「マシュマロデー」が誕生しました。

7〜8年続いたのち、マシュマロだけではなく幅広くバレンタインデーのお返しの文化にできないか?という百貨店の申し出により、マシュマロの白を連想させる「ホワイトデー」という名前になったそうです。

☆ねこちゃんのオススメ度☆

ねこちゃん

ズバリ85点だにゃ!